漫画を描いて生きていく|適した環境で学ぶことができる|ESPミュージカルアカデミーへ通う
勉強道具

適した環境で学ぶことができる|ESPミュージカルアカデミーへ通う

漫画を描いて生きていく

コミック

戦略を練る

戦略的に考えて漫画家になりたい場合、まずは自身が作品を投稿する雑誌を絞り込んでみましょう。雑誌の中には受賞できなかったとしても目のある新人に担当をつけてくれるものがあります。そうした雑誌に投稿すればデビューまでの道のりが短くなるのです。また国内で売れている雑誌には漫画家になりたい人達の中でも特に才能溢れる人達が集まります。そうした雑誌で受賞を勝ち取るのが難しい場合、発行部数が低い雑誌を狙って作品を投稿してみましょう。何より漫画家になりたい人にとって重要なのが雑誌の方向性です。例え質の高い漫画を送ったとしても、雑誌の傾向に合わない場合は落とされることがありますから注意しましょう。自分の描きたいものを雑誌に合わせることも大切です。

挫折を乗り越える

漫画家になりたい方にとって挫折感を覚えるいくつかのハードルが存在しています。第一の関門は「ペン」です。漫画はボールペンのような一般的なペンではなく、Gペンや丸ペンと言う専用のペンによって描かれます。これらのペンは使い方が難しいだけ出なく、慣れない限り理想の線を引くことができません。出来るだけ早く漫画家になりたい場合、ペンに慣れるために日常的な手紙も漫画専用のペンで描いてみましょう。次の関門が担当者がついた後の問題です。漫画の賞に入賞したり持ち込み作品が評価された場合、出版者の担当者がついてくれます。その後、読み切り作品や連載作品を作るために二人三脚で作品を作っていくことになります。しかしここで作品が枯渇して挫折する人も多いですから、複数の企画を考えておくようにしましょう。